落書き帖  古事記  いろは歌  日 記

linuxPCとandroidスマホ間でファイル操作が楽に…

2016年03月11日
…いやぁ、便利な世の中になったもんですなぁ。

昨日気付いたのですが、おいらのスマホにデフォルトで付いているファイルマネージャーがアップデートしてて、スマホとローカルネットワーク内にあるPC間でのファイルの移動が、そのファイルマネージャーを通して出来る様になってたんです。

今まででも、ANDROIDphoneとWINDOWSやOSXのPC間で簡単にファイル移動出来るアプリがあったみたい(使ってないので実情は知らない)なんですが、LINUXでする方法がおいらには分からなかったんです。
それが、今回のアップデートでLINUXでもファイルマネージャーを通して簡単にファイル操作が出来る様になってました。
感動もんです。

…いやぁ、本当に便利な世の中になったもんですなぁ。

古い話ですが…、
おいらの学生時代、家にPCがあるのは、クラスの同級生の50人中1人いるかいないかくらいじゃなかったんかな?
それが今じゃ、カセットタイプのウォークマンより小さい電話機がPCそのものです。

ちょっと分から無い言葉があっても、その電話機を開いて検索すれば、誰かに聞か無くても立ち所に意味が分かっちゃう。
動画や音声などのサイズの大きいファイルでそのPCの如き電話機が圧迫されても、ネット上にファイルを何ギガも無料で保管してくれるサービスが有る。
しかも、いざそのファイルが必要なら、そのファイル保管場所にアクセスすれば、そのまま利用できちゃう。
そう電話機の容量をぶくぶく太らせる必要が無いんです。

…でも、これ本当に何の代償も無いんかな?

何でも疑ってしまう天邪鬼です…。

何十年か生きてくると、大体ただって言うのにはカラクリがあるもんだって、なんとなく肌身で感じてきちゃいます。
こんな言い方をしたら、身も蓋もないですね…。
もっと、分かり難い言い方をすれば、結果には必ず何らかの原因があるんです。
そして、もっと分かり難い言い方をすれば…、
人間が物を食べるのも、うんこするのも、必ず誰か或いは何かが恩恵を受けているんです。

…何か冷たい視線が…

無料で検索さしてくれるってさ、検索してくれてる人には何か恩恵はあるの?
ファイルを何ギガも無料で保管してくれるってさ…、保管してくれてる人には何か恩恵は有るの?
いやいや、「彼らはもっと大きな範疇の中で仕事してて、検索やファイル保管は顧客にとって魅力的なコンテンツを作り上げる為のサービスの内のほんの1つの要素に過ぎない。」って事は分かるんですよ。

…でもさ、なんか不安なんですよね。

ちょっと話は飛びますが…。
最近のテレビの凋落ぶりには、目を覆う……必要はないか…。
おいらはテレビっ子の世代でした。
おいらの親が子供の頃には、まだ町内にテレビが一台と言う時代です。それでも、一家に一台ラジオくらいは有ったんでしょう。
おいらとその親の世代は、放送を通して情報を得ていたんです。
だから、良くも悪くも、また、大なり小なり、その放送に感化され続けてきたんだと思います。
放送は最も身近な娯楽であり、放送の内容次第では考え方すら左右され得たんです。
それが今ではその地位を、インターネットに奪われようとしています。

…まぁ、便利で平和だから、どうでも良いっていやぁ、どうでも良いんですけどね…。

ネット上の様々なサービスが、テレビの地位を奪い身近な娯楽となると、そのサービスの内容にどうしても感化されてしまいますよね。
例えば、グーグル検索を使ってて不思議に思ったことないですか?
日本のウェブサイトの検索エンジンの大半は、グーグルの検索エンジンを使ってるらしいので、日本YAHOO検索しても実際はグーグル検索を使ってます。

この間ある言葉を検索していて、どうしても見つから無い物が有りました。
ネットでウロウロしている時に、その物自体が有る事は分かっていたのですが、幾ら検索結果を降りて行っても見つかりません。
そこでふと思い立って、アメリカのYAHOOで検索してみたら、一発で検索最上位にひっかかりました。

…そう、検索結果の情報は操作されてるんです。

ここで断っておきたいのは、グーグル検索がどうのこうの言ってるのではありません。
おいらもグーグルサービスにどっぷり浸かってます。
とても便利ですよね。
地域の情報や或いは、個人のブラウザのキャシュを取得する事で、顧客が望むであろうサービスを提供してくれています。
とても使いやすいです。

でもこれって、見せたく無い物は見せない事も出来るんです。
テレビの報道みたいに…。

それが悪いって訳じゃ無いんですが…、
インターネットって国境を跨ぐのでルール作りは、きっと難しいはずです。
もしかしたら、検索結果の操作などは、難しいルール作りを補うための個別の方策なのかもしれません。
でも、それってそれぞれの国の国政に関わってきますよね。
となると、そのサービスを行う企業に最も影響力を持っている国の施策に思いっきり影響を受けそうです。
現にそんなサービスと国の結合を匂わせるニュースを、たまに見かけますよね。


ファイル保管についても、ちょっと怖い気がします。
銀行はただで厳重な金庫にお金を保管してくれる上に、今では微々たるものですが、利子まで付けてくれます。
でも、銀行の貸金庫はそうじゃないですよね。
当たり前ですが、お金ならそれを運用して利益を得られるけども、貸し金庫の中身は運用出来ないから、違いがでるんですよね。

もしこれをファイルに当てはめてみたらどうなんでしょう?
ファイルを運用する価値はあるんでしょうか?
多分あなたが小市民なら、きっと価値なんてまるで無いはずです。
あまり価値の無い情報を、無制限で預かる訳にもいかないので、ある一定以上の情報量の保管にはお金がかかります。
サービスを行う会社が、詐欺メールを送りまくる様なよっぽどの悪代官ならいざしらず…、
まっとう会社なら大きくなればなる程、いくら今では個人情報に価値が有る事が分かっているとは言え、その情報を悪用する事はあまり考えられません。

でもその会社が、国の施策に関わってくるほど大きくなったらどうなんでしょう?

保管しているファイルの情報量はきっと膨大です。
いくら権力者が大衆を管理したいと言っても、その膨大な情報を用意に管理出来るんだろうか?
でもこれ、ファイル自体の量は膨大でも、それぞれのファイルの大まかな内容を示すファイルのヘッダなら、ファイルの情報量の0.1%いやそれ以下にも満たないじゃないか?
メタデータなんてそんなもの集めてるんじゃないんかな?


なんか阿呆な事書いてる気がする…。
そろそろ〆時かな…。
おいらは小市民だから関係無い話だしね…。

何はともあれ、PCとアンドロイド間でファイル移動が出来る様になったのは感動もんです。