落書き帖  古事記  いろは歌  日 記

オーラ見えるようになった!けど…

2016年09月20日
昨日ユーチューブの動画を何とは無しオススメ動画に進められるままに見ていると、誰でも簡単にオーラが見える方法、みたいな動画が有りました。
自分では今まで見た事が無かったので、オーラなんてどうせインチキだろう、なんて思っていました。
まあそれでも興味は有ったので…
ちょっくら試してみた次第です。
多分本当に誰でもちょっとコツをつかめば見えると思います。
霊感なんて関係ありません。

まずは白紙の紙を容易、外の光を遮断して室内の照明だけで明かりをとります。
私は夜、日が暮れた後、試してみました。
なれれば太陽光でも見えますが、室内の照明だけの方が分りやすいかも知れません。
後は手のひらをその紙の上に置くだけ…。
簡単でしょ?
何人かの人はこれだけで見えるかも知れません。
大半の人は次の工程も必要になります。
紙の上に置いた手のひらには目の焦点を合わせない。
手のひらよりもずっと先の方を見るような感じで目の焦点を調整します。
しばらくその状態を保っていると…あら不思議…
オーラが見えるじゃありませんか!

私の場合、最初少し手こずりましたが、目の焦点を合わせない良い方法がある事にすぐに気づきまして、比較的簡単に見ることが出来ました。
実は私、左目の視力が極端に悪いのです。
多分、0.01くらい?
近い物を見る時も裸眼ではぼやけてます。
そう言う訳で、すぐにメガネを外して挑戦。
手のひらよりも先の方を見るような感じで左目だけで見ていると、本当5秒とかからず見えるようになりました。
で、左目でなれた後は今度は右目、こちらは視力の方はまだかなりましでして、しかしその分少し左目よりもオーラが見えるまでに時間がかかります。
まあ、なれです。まじで…。
ちなみに、私のオーラの色は薄い黄緑〜薄い青緑。絵の具のような色では無く。全く光そのものです。
もしかしたら、オーラの色に幅がある事に引っかかる人がいるかもしれませんね。
その原因についてはこれから話して行きます。

オーラが見えるようになった私は、有頂天になって色々とネットやユーチューブで調べ始めました。
そのうち気付いたんです。
どこのサイトの説明を見ても、「誰でも見える」と書いてある。
そして私も見えた。
「本来は見えない物を誰でも見る事が出来るので、神秘的な物に触れる良い機会になる。」みたいな事をユーチューブで仰られてる某有名スピリチュアル何とかかんとかさんもおられる。

…しかし、待てよ!
…誰でも見えるなら神秘でも何でも無くて唯の事実じゃないのか?

そう思った私は、生身の体以外の物で試してみる事にしました。
まずは、肌色の木製鉛筆、、、鉛筆のオーラ見えた!薄い黄緑
ちなみに、その鉛筆の色は私の肌の色と良く似ています。

…あわよくば霊能者になろうと言う、私の野望が…

次は、黒いスマートフォン、、、赤黒いオーラみえた!

…こりゃ間違いない、、、唯の反射光かその類の何かだ…

それが唯の反射光かその類かもしれない事を確かめる為に、室内の光の色を調整してみました。
幸い私の部屋の照明器具は暖色系から寒色系の間で色を変更する事が出来るのです。

片方の手に照明器具のリモコンを持ち、もう片方の手は目の前に置いた私は、目にオーラを映し出しました。
リモコンで照明器具の色を暖色系から寒色系へと変更。
同時にオーラの色にも変化が…。

それでもまだ霊能力者への野望が捨て切れ無かった私は、オーラが反射光では無く物体から発せられる光であるかもしれない事に一縷の望みを掛け、目にオーラを映しながら部屋の照明を消してみました。

…はい、オーラ消えてしまいましたよ。私の野望と共に…。

少し話は逸れますが、皆さんこんな事はご存知でしょうか?
夜空のある暗い星を見ようと幾ら目を凝らしても見え無いのに、少しその星から視線を逸らすとその見たい星の光が目に入ってくる。
オーラと一緒に今晩試してみて下さい。